*
モンゴル不動産セミナー

*

日本は高度経済成長期が終わり現在では成熟期に入っています。さらに少子高齢化の影響で日本の人口は減少傾向にあり、長期的に見ると成長期のような国内不動産価格の上昇はあまり見込めません。
一方、海外の新興国はこれから高度経済成長を迎えます。つまり、かつての日本のような大きな不動産収入が期待できるので、これから海外不動産投資を視野に入れるのは賢い選択の一つになります。

*

*

*

モンゴルの人口は年2%と継続的に増加しています。人口ピラピッドも綺麗な三角形になっており、経済発展を期待できる典型的な人口分布となっています。
さらに年々増加する人口のうち、60%は首都のウランバートルに集中しているため、ウランバートルの物件は物理的に不足している状況になっています。

*

*

2011年は世界で最高の経済成長率を誇っていたモンゴルですが、現在は景気のどん底という状況です。そんな中IMFの救済措置が決まり、各国際機関がモンゴルの経済成長予測を上方修正しました。現地の会社にとってはまだ大変な状況にありますが、海外の投資家から見れば今が参入の絶好の機会と言えます。

*

*

モンゴルでは、金・銅・石炭・原油などの鉱山資源が豊富に眠っています。複数の大規模な開発プロジェクトが現在進行しており、中でもオユトルゴイ鉱山は世界有数規模です。同鉱山は2021年から年間30億ドル分の銅輸出が見込まれており、オユトルゴイの恩恵だけでモンゴルのGDPは将来的に現在の25%増となる見込みです。

お申込みはこちらから

ENTRY

*

*

物理的に物件が不足している

今回の案件は投資物件としての魅力だけではなく、社会貢献度の高さも大きなポイントになります。
モンゴルの人口分布を見ると、総人口300万人に対して、約130万人もの人が首都のウランバートルに住んでいる状況です。
ウランバートルは元々ソビエト時代に60万人用に建てられた都市ですので、圧倒的に物件が不足しています。

*

モンゴルのオフィス事情

ウランバートルの中心地には、好景気時に建った高級なオフィスが並んでいます。
しかしモンゴル全企業のうち9割以上は中小企業やスタートアップで、これらの平均年齢は27歳と若く既存の高級オフィスに入る力がありません。よってこれらの企業は仕方なくウランバートル周辺のゲル地区にあるバラック内で仕事をしています。
バラックには水道やガスが通っていないため、冬のマイナス40度という厳しい寒さの中でも外へ水をくみにいき、バラック内にはトイレもないので外の簡易的なものを利用しているのが現状です。
ミーティングルームなどの共有できるものも存在しないため効率も悪く、 仕事をするには決して快適とは言えない状況です。

お申込みはこちらから

ENTRY

中小企業向けのスマートオフィス

今回紹介するのは、18F建てのオフィスビルです。3F~16Fは中小企業向けの比較的小さい間取り(最小23.56平米)の設計です。前述の通り、ウランバートルに存在する企業においては、スタートアップのベンチャー企業や中小企業が大半を占めており、そのような企業向けの物件というのは明らかに不足していました。 今回のプロジェクトはまさに実需に基づいたプロジェクトです。
「スマートオフィス」という名の通り、Wi-Fiや共有会議室などの最新設備が整っており、モンゴルの中小企業の方々が快適に仕事ができる環境を提供します。

*

新ビジネス街の好立地

建設地は国会議事堂というモンゴルのゼロポイント(中心地)から約1キロメートル北、ウランバートル市の新ビジネス地区です。立地としてはとても良い場所に位置しています。
間取りでは他のオフィスとの差別化をしていますが、設備としては「WIFI環境・共有会議室・最新設備・駐車場完備・AIエレベーター」など、オフィスビルとして必要なものは十分備わっております。

国/エリア モンゴル / ウランバートル
総面積 12,840平米
使用面積 9,813平米
共有面積 3,027平米
基本情報 総戸数126戸(18階建て)
設備・条件
  • WIFI環境
  • 共有会議室
  • 最新設備
  • 駐車場
  • AIエレベーター
開発会社 Master Developer LLC
特徴
  • 01.即、登記可能
  • 02.8%賃貸利回り保証
  • 03.入金の翌月から家賃収入
  • 04.5年後、買戻しオプション
  • 05.購入時と同価格で買戻し

お申込みはこちらから

ENTRY

*

商号
有限会社アタ・コーポレーション
(ATA Corporation,ltd)
所在地
〒249-0001
神奈川県逗子市久木
9-5-11
代表者
代表取締役 畠 晃平
事業内容
1.海外不動産販売業
2.リサーチ&コンサルティング事業
過去のセミナーの様子
商号
株式会社SIBJフィナンシャルグループ
(SIBJ Financial Group Co.,Ltd.)
所在地
〒220-6009
神奈川県横浜市西区みなとみらい区
2-3-1クイーンズタワーA 9F
資本金
6億円
代表者
代表取締役 小林 リヒャルド ワルター
取引金融機関
みずほ銀行 三井住友銀行 横浜銀行
事業内容
1.海外不動産販売業
2.リサーチ&コンサルティング事業

*

HIROSHIMA
広島

04/22(土)
14:00~16:30(13:30開場)

【参加費無料】広島会場

海外の金融グループがご紹介
「玄人が注目するモンゴル不動産セミナー」

定員 15名

場所 広島県立文化芸術ホール 会議室4F404

住所 〒730-0001 広島市中区白島北町19-1

OKAYAMA
岡山

04/23(日)
14:00~16:30(13:30開場)

【参加費無料】岡山会場

海外の金融グループがご紹介
「玄人が注目するモンゴル不動産セミナー」

定員 7名

場所 岡山市民会館

住所 〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2丁目1番1号 会議室3F301

*

各会場を選択していただき、Facebookの参加にチェックをお願いします。

広島会場について

岡山会場について

©2017 SIBJ Financial Group Co.,Ltd.